省エネ工房BLOG

   生活の中で使用しているいろいろなグッツを省エネ化しています。 また家庭内で利用できるソーラーグッツなども製作しています。 こうした活動を紹介しているブログです。 完成した製品は、販売もしております。どうぞよろしくお願い致します。

小電力を作る

助成金セミナーに参加

室内設置型の小型ソーラー発電を普及させるべく、モニタ・プロジェクトをなんとか始めたい。
そこでまず助成金の活用を考え、昨日(11/8)きたネット主催の助成金説明会に参加した。
CO2削減活動として明確な数値目標が設定できれば可能性はあるとのアドバイスを頂いた。
早速、申請書を作成する予定です。

DSCN7885

手回し発電の懐中電灯

手回し発電の懐中電灯

市販されている手回し発電の懐中電灯3機種を比較調査した。
(1)50回手回した後の充電容量での点灯時間
  (a)手回し握式ダイナモ型・・・・・・・0秒(充電機能なし)
  (b)手回し回転式ダイナモ型・・・・・3分以上
  (c)手回し握式ダイナモ型・・・・・・・5分以上

(2)市販価格
  (a)100円(100円ショップで購入)
  (b)3~400円(ネットで購入)
  (c)500円程度(秋葉原で購入)

(3)特徴
  (a)安い、内蔵電池が消耗すると、充電機能がないため連続点灯に労力がいる。
  (b)本体に小さなソーラーパネルが付いているが、実用には遠い。
  (c)本体にDC+5Vの出力端子が付いている。発電効率が高い。

写真は左から(a)(b)(c)。
DSCN4175
手回し発電の懐中電灯を使用する場合、充電機能を持ち、手回しレバーの半径が大きいほうが良い。

手回し発電機

DSCN3756DSCN3733DSCN3741DSCN3751古くからある携帯電話用の手回し発電。(懐中電池)

携帯電話への電源接続プラグが古くなってしまい最近の機種に合致しなくなった。

しかしUSBプラグ(メス)のケーブルを作成することで、最新の携帯電話に対応可能になった。

現在、使用している携帯電話に接続して手回して発電すると、赤いランプが点き充電が確認できた。

スマートフォンには充電できなかった。(供給電流が携帯電話よりかなり大きいため。)

さらにUSBソケットに対応なので、利用範囲が広くなった。

5Vのバッテリーチャージャーにも充電できた。

まだまだ利用価値あり。



< 仕様 >

◆発電量:1.05W(90回/分) 1.5W(120回/分)

◆出力:標準2.1mmDCジャック出力(5Vで安定化されています)

◆過電圧防止保護回路内蔵

ギャラリー
  • ホワイトイルミネーションの点灯式
  • エルプラまつりに参加
  • エルプラまつりに参加
  • さっぽろ環境インタープリター育成プログラム開講式
  • さっぽろ環境インタープリター育成プログラム開講式
  • エネチェン総会(2015年4月25日)
  • GEP総会と基調講演
  • GEP総会と基調講演
  • GEP総会と基調講演